眼科勉強会資料

レーザー略語、YAG PC LIの点数は?

眼科レーザーの機械の写真
眼科レーザーの機械の写真

レーザーです。YAGとかLIとかPCとかカルテに書かれます。 オーダーが飛んでこないので算定を忘れることもあります。 非常に手軽な手術ですから、手術看護師などがつかないので、雇われ医者やORTはオーダー入力をするのを簡単に忘れるのです。

YAG=後発白内症手術 1520点 説明は後述

(Yttrium Aluminium Garne イットリウムアルミニウムガーネットという物質を使ったレーザー)

PC=網膜光凝固術 通常の物 11200点 説明は後述

(Photocoagulation 光凝固という意味)

LI=虹彩光凝固術 7710点

(レーザー虹彩切開術という術式名)

目の中を手術することは大変なことです。
このレーザーは、光と光が接触した点だけ熱くなるので、目にメスを入れて穴を開けなくても手術ができます。
音とか特徴なんですが、パチッパチッと火花を散らしたような音が鳴ります。
実際、レーザー光とレーザー光が重なった1点が熱くなるという技術で、網膜光凝固術では卵の白身が焼けるような感じで周囲が固まるのです。

レーザー略語、YAG PC LIの点数は?

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム