眼科勉強会資料

緑内障と糖尿病、血糖値の関係

緑内障は眼圧が高くなったり、そのほかの何らかの原因で、網膜、視神経に障害が起き視野が狭くなる病気です。暗転と呼ばれる目の見えない部分が緑内障が進むにつれ進んでいき、失明にも繋がります。ですが、早期発見すれば非常に高い確率で進行を止めることができます。

日本人の40歳以上の20人に1人。失明の危険の病気。
疑似体験ゴーグルというのがある。
視神経の病気の代表が緑内障、角膜の内側、水分で満たされていて 循環する水分の排出が悪くなると圧力が上昇 視野の欠損が起こる。
片方ずつばらばらに起こる。片方の目が視野を補完するのでわかりにくいのです。

多くはゆっくり進行する。気づいた時には遅い。
速く気づくには検査が必要で、速めに確定をする。
眼底が正常でも起こる緑内障もあるので強い近視の方などは検査が必要。
早期発見が重要。
糖尿病との関連が注目されている。
血糖値が高いと網膜の血管が傷つき 重症化すると緑内障になることもある。

老眼革命 老眼・白内障を治療し、緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性を予防する (単行本・ムック) / 坪田一男/著

老眼革命 老眼・白内障を治療し、緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性を予防する (単行本・ムック) / 坪田一男/著

評価:

レビュー: 0件のレビューがあります。

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>老眼が治療できる時代がやってきた。老眼治療のさまざまなアプローチだけでなく、アンチエイジングの実践により老化にともなう眼の病気の予防法を解説。<収録曲>第1章 眼の病気の九〇%はエイジングが原因だった第2章 老眼を治す-老眼鏡フリーの時代がやってきた第3章 白内障治療の最新事情第4章 緑内障の予防と治療第5章 糖尿病網膜症の予防と治療第6章 加齢黄斑変性の予防と治療第7章 老化とドライアイ第8章 究極の治療法としてのアンチエイジング第9章 元気で百歳まで生きる生活術<商品詳細>商品番号:NEOBK-1054654メディア:本/雑誌発売日:2011/12JAN:9784535983427老眼革命 老眼・白内障を治療し、緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性を予防する (単行本・ムック) / 坪田一男/著2011/12発売

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム