眼科勉強会資料

矯正視力、レンズメーター

ORT視能訓練士が、入れ替えのできるレンズを使ってメガネの度数を図る。

入れ替えのできるレンズを使ってメガネの度数を図る
入れ替えのできるレンズ

目がよく見える人は、もし目が見えなくても度数の高いレンズをかければ1.0以上の視力がでるが、なにかしら病気だと1.0の度数はでないことになります。
矯正視力69点
メガネ処方箋は、メガネの度数を病院に測ってもらい、用紙を眼鏡屋に持って行ってメガネを作ってもらうものです。眼鏡屋に行けばたいていはかってくれますが、生活保護のメガネ支給の場合や、眼鏡屋を信じていない人や、目に特有の疾患(斜視など)を持っている人は病院で測ってもらってから眼鏡屋に作ってもらいます。

レンズメーター

入れ替えのできるレンズを使ってメガネの度数を図る
メガネの度数を測る機械

メガネのレンズを置くと、今かけているレンズの度数がわかる。
点数は0点。 メガネが合っているかどうか、 患者がどんなメガネをかけているのか、 老眼なら累進多焦点レンズという選択肢もあります。

矯正視力、レンズメーター

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム