眼科勉強会資料

眼科機械の点数

「眼科機械の点数」についてのページです。 眼科と言うのは他の科と違い、珍しい検査機械がたくさんあり、その検査機械を使うことで点数が発生するというのが多いという特徴があります。
探れないが表面から見て取れる目というのは、光学器械の発達とともに成長してきました。目は簡単にメスを入れたり検査できない器官だからこそ、こうした珍しい検査機会が保険点数で導入されていく、他の科とはちょっと違う分野なのです。

スリットランプ

屈折検査の点数と算定方法

細隙灯前眼部と後眼部の点数と算定方法

精密眼底の点数と算定方法

レフケラトメーターとトノメーターの点数

矯正視力、レンズメーター

超音波検査Aモード、Bモード

スペキュラーの点数

レーザー略語、YAG PC LIの点数は?

ハンフリー HFA GP 中心フリッカー

眼底カメラ,アムスラー検査,OCT

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム