眼科勉強会資料

結膜炎

ロート 抗菌目薬 EX ものもらい

ロート 抗菌目薬 EX ものもらい

評価: 4.6

レビュー: 10件のレビューがあります。

ロート 抗菌目薬 EX 10mlは、ものもらいや結膜炎の治療に効果的な、生後4ヶ月のお子様から使える抗菌目薬です。細菌の新陳代謝を止めて殺菌するサルファ剤に加え、抵抗力の低下した目の血行を促すビタミンEを新しく配合しました。有効成分が目の表面に長くとどまる製剤設計を採用しましたので、より治療効果が期待できます。10ml。使用上の注意してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。) 長期連用しないでください。相談すること 次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること 医師の治療を受けている人 本人又は家族がアレルギー体質の人 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 次の症状のある人 はげしい目の痛み 次の場合は直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談すること 使用後、次の症状があらわれた場合 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ 目 充血、かゆみ、はれ 3-4日間使用してもよくならない場合 効能・効果ものもらい、結膜炎(はやり目)、目のかゆみ、眼瞼炎(まぶたのただれ)用法・用量1回2-3滴、1日5-6回点眼してください。「用法・用量に関連する注意」(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。なお、小さなお子さま(4ヶ月以上)にもご使用いただけます。(2)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないでください。(汚染や異物混入(目やにやホコリ等)の原因となる)また、混濁したものは使用しないでください。(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。(4)点眼用にのみ使用してください。 有効成分スルファメトキサゾールナトリウム 4.000%グリチルリチン酸二カリウム 0.150%マレイン酸クロルフェニラミン 0.020%酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)0.010%*添加物として、アミノカプロン酸、ホウ酸、ホウ砂、エデト酸Na、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、塩化ベンザルコニウム、ポリソルベート80、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、pH調節剤を含有します。保管および取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。品質を保持するため、過度の高温(自動車内や暖房器具の近く等)及び過度の低温(冷蔵庫の中等)をさけ、なるべく涼しい所に保存してください。(2)小児の手の届かない所に保管してください。(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)(4)他の人と共用しないでください。 (5)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。また、使用期限内であっても、開封後は2-3ヶ月以内に使用してください。 (6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼで軽くふきとってご使用ください。(7)容器に他の物を入れて使用しないでください。*点眼により口中に苦味を感じることがありますが、薬液が涙道を通って流れ出てくるためで、無害ですから心配ありません。お問い合わせ先お客さま安心サポートデスク 東京:03-5442-6020 大阪:06-6758-1230 受付時間 9:00-18:00(土、日、祝日を除く) 製造販売元ロート製薬株式会社544-8666 大阪市生野区巽西1-8-1ブランド:解眼新書シリーズ医薬品 > 目の薬 > 目薬 > ものもらい・結膜炎用目薬 > ロート 抗菌目薬 EX 10ml【第2類医薬品】発売元 ロート製薬 内容量:10mlサイズ:80*65*20(mm)JANコード: 4987241101580文責:ケンコーコム株式会社 薬剤師 倉重 達一郎広告文責:ケンコーコム株式会社TEL:0570-200226 PHS/IP電話から:03-3584-4157 商品区分:【第2類医薬品】[解眼新書シリーズ]医薬品[目の薬/目薬/ものもらい・結膜炎用目薬][医薬品]※ロート製薬「ロート 抗菌目薬 EX 10ml」【第二類医薬品】のネット通販はケンコーコム楽天市場支店で!

このサイトで掲載されている情報は、眼科勉強会資料 の作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

楽天ウェブサービスセンター

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム