眼科勉強会資料

コンタクトで角膜感染症

コンタクトレンズを清潔にしないと起こる感染症

コンタクトレンズで、レンズを不潔にしていると起こるのが
角膜感染症です。角膜感染症は、砂やごみ、植物の葉、汚い水などから目に感染するウイルスなどの病原体におこる炎症です。
この症状は主に、目が痛む、目が赤くなる。涙がぽろぽろです。瞼がはれる、角膜が白くにごるなどの症状があります。

前に書いたように、角膜感染症は細菌やカビ、ウイルスなどが感染し、炎症を起している状態です。
角膜の表面は丈夫な層で囲まれており、さらに涙によって守られています。
ですが、
コンタクトからの角膜の傷、ドライアイによる涙の減少などから流行性結膜炎、すなわちはやり目になってしまうのです。

角膜の感染症を治すには、ばい菌の種類によりますが、抗菌剤や抗真菌剤、を使います。
軽いものであれば点眼、目薬を差すだけで治りますので早めに目医者へ行ったほうがいいでしょう。

主な角膜の感染症は、

細菌による感染症

ごみや砂、コンタクトレンズなどで細菌に感染する。

真菌による感染症

カビによって起こる角膜炎です。植物などから、コンタクトレンズから感染する。

角膜ヘルペス

ヘルペスウイルスの多くは乳幼児のころに感染し、体の中の神経組織に潜むようになります。
そのウイルスが風邪はストレス、熱を引き金にして再発として角膜炎を起します。

アカントアメーバー症

池や沼などの淡水にいるアメーバーという微生物によって起こります。
眠れないほどの痛みを伴います。

感染症は人に移る場合があります。
目が赤くなって、炎症を起し、これは流行り目かなと思ったら、
できるだけ触らず、タオルなども家族と共用せずに眼科に受信してください。

大切な目を守る眼科の先生によく相談して指導してもらいましょう。

コンタクトで角膜感染症

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム