眼科勉強会資料

アスリートが普段メガネの理由

アスリートが普段かけているのはダテメガネだそうです。
度は入ってない眼鏡のことですね。

理由は目を保護するためだそうです。

卓球やバトミントン、テニスなど、球技など目に当たることがあります。
バドミントンの羽が目に当たるだけで網膜剥離を起こすそうです。
バドミントンの羽は女子でも時速350キロを超える速さだそうです。怖いですね、
競技で目に当たるのはしょうがないけど、それ以外の理由で目に当たると困るんだそうですね。

球技などは目が良くないとそもそもアスリートになれないです。
努力もさることながら、天性に与えられた身体能力の才能に、視力の才能も重要です。

アスリートが普段メガネの理由

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム