眼科勉強会資料

白内障

水晶体の濁りで目がかすんでしまう病気。80歳以上になると100%起こる。
目は再生機関ではないのでいったん濁って固まるともう元には戻らない。(ちなみに角膜も再生しません) 濁ったら水晶体を人工レンズに変えるしかない。

白内障とは、眼の中にある水晶体が白く濁る病気です。水晶体は目ではカメラのレンズのような役割を持っており、年をとるとそのレンズがにごってきて白くなってしまいます。白内障手術はそのにごったレンズを取り除き、人口レンズを入れ込みます。成功率が高い手術です。

累進多焦点レンズは老眼と白内障

いわゆる、高齢者が使う、遠いところを見るためと、新聞紙を読むための老眼鏡が一つになったレンズです。メガネのレンズの上半分が遠見用で、メガネのレンズの下半分が新聞紙や本を読むための近見用です。白内障になるのは、水晶体が濁って光を通さなくなるわけですが、 目のピントが合うというのは、水晶体を筋肉で引っ張ったり収縮させて、光の屈折を変化させて網膜に届く光の焦点をずらして、人の目はピントを合わせているのです。
白内障になると、水晶体が固くなるわけですから、この屈折率を変えることができなくなり、遠くは見えるのに近いところは見えない、その逆が起こるわけです。

ですから、眼内レンズの手術をした後は、大抵ほどほどに遠いところが見えるように度を合わせるので、近いところを見る老眼鏡というのはかかせないものになります。
(非常に強いアトピーの人は20代で白内障になったりします。さらに30代40代で網膜剥離になったりします。)

白内障の術前検査のオーダー

白内障の術前検査のオーダーのご紹介です。

細隙灯顕微鏡検査(両眼)
ミドリンP点眼液(5ml)
※散瞳(瞳孔を薬で開ける)で眼底をチェックする

精密眼圧測定(両眼)
精密眼底検査(両眼)
※スリットランプなどで眼底を肉眼でチェックしシェーマを描く。
網膜の病気がないかどうかなどもチェックする。
網膜の病気がある場合、白内障で人工レンズにしても視力が回復しない可能性がある。

超音波検査Aモード法(眼軸長、眼の長さ)
角膜曲率半径計測
※眼内レンズの度数を計算するため

角膜内皮顕微鏡検査

TPHA試験(定性)
TPHA試験(定量)
梅毒:資質抗原(定性)
梅毒:資質抗原(定量)
HBsAg(定性)
HBsAg(RIA)
HBc抗体価
HCVAb
※術前感染症検査です

それに加え、私が働いていた総合病院では白内障術前検査で胸部XPを取ります。
それにはオーダー時に所見依頼の文章があるため、画像診断70点を算定します。
ここで肺野異常陰影が見つかることも多々あります。
眼科しか行かない高齢者は健診の空白期間がある人がいますからね。

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム