眼科勉強会資料

白内障

水晶体の濁りで目がかすんでしまう病気。80歳以上になると100%起こる。
目は再生機関ではないのでいったん濁って固まるともう元には戻らない。(ちなみに角膜も再生しません) 濁ったら水晶体を人工レンズに変えるしかない。

白内障とは、眼の中にある水晶体が白く濁る病気です。水晶体は目ではカメラのレンズのような役割を持っており、年をとるとそのレンズがにごってきて白くなってしまいます。白内障手術はそのにごったレンズを取り除き、人口レンズを入れ込みます。成功率が高い手術です。

累進多焦点レンズは老眼と白内障

いわゆる、高齢者が使う、遠いところを見るためと、新聞紙を読むための老眼鏡が一つになったレンズです。メガネのレンズの上半分が遠見用で、メガネのレンズの下半分が新聞紙や本を読むための近見用です。白内障になるのは、水晶体が濁って光を通さなくなるわけですが、 目のピントが合うというのは、水晶体を筋肉で引っ張ったり収縮させて、光の屈折を変化させて網膜に届く光の焦点をずらして、人の目はピントを合わせているのです。
白内障になると、水晶体が固くなるわけですから、この屈折率を変えることができなくなり、遠くは見えるのに近いところは見えない、その逆が起こるわけです。

ですから、眼内レンズの手術をした後は、大抵ほどほどに遠いところが見えるように度を合わせるので、近いところを見る老眼鏡というのはかかせないものになります。
(非常に強いアトピーの人は20代で白内障になったりします。さらに30代40代で網膜剥離になったりします。)

白内障手術の失敗の時、A-VITの時

白内障手術はまれに失敗することがあります。
水晶体をつつむ嚢が弱いと、水晶体を潰して吸引するときに敗れてしまうことがあります。
大抵水晶体を入れずにいったん手術を止めて、改めて後日再手術することがあります。
例は、IOLを入れれずに違う手術に変えた例です。
失敗して術式変更で無水晶体眼で算定しました。

前部硝子体切除のカルテ記載の例です

右PEA(超音波乳化吸引術)→ECCE(水晶体嚢外摘出術) A-VIT+(前部硝子体切除術)

散瞳不良のため、リトラクタ装着時レンズのedge+
CCC後、(前嚢を円形に切開する)
前嚢にリトラクタかけ、(チン小帯脆弱例の白内障手術に使う)
PEA時レンズ傾斜してECCEにコンバート
180度 チン小帯断裂あり、
IOL挿入困難と判断し、A-VITで処理した。

IOL挿入せず終了。

A-VIT+(前部硝子体切除術)は、K279硝子体切除術 1前部の場合11000点です。

眼科勉強会資料もくじ

何年も前に作った事務員向けの眼科勉強会資料を引き出しからアップすることにしました。そりゃ眼科クリニックの算定は完璧でしょう。ですが、総合病院の眼科では算定漏れだらけです。
総合病院の眼科医は雇われなのでそこまで算定に強く口出ししないから放置だし、ORTも放置。そうなれば医療事務がどこまでカルテから点数を拾えるかです。 眼科は他の診療科と比べてカルテに書けば、検査をすれば算定という方法が取れるのが特徴です。あんまり詳しくないならぜひ読んでみてくださいね。

1.眼球、前眼部、後眼部の略語

2.眼科検査一覧と点数対応表

3.眼科機械の点数

4.失明の原因となる眼科の病気

5.眼科事務コラム